不用品回収を利用しよう

不用品回収の最大のメリットは「手間の削減」と「速度」です。

自治体の回収だと申し込みやゴミ置き場までの運搬の手間がありますが、その分安くできます。
買取であれば費用が掛からない上に、お金ももらえます。

ではそんな中で不用品回収業者に頼むべきタイミングはいつなのでしょうか。

自治体の回収

粗大ゴミの一般的な処理方法と言えば、自治体の回収ですね。しかしこれには多少の時間と労力が必要となります。

まず捨てたい粗大ゴミのサイズを測り、料金を確認します。
その後、申し込みをしてゴミ置き場まで持って行く必要があります。
ベッドや食器棚、クローゼットなどサイズが大きくなればなるほど運搬も難しくなりますし、回収日も少なく設定されているのですぐに捨てたいときでも待つ必要があるなどのデメリットがあります。

不用品回収業者

不用品回収業者に頼む場合の最大のデメリットは「費用が掛かる」ことです。
物品が増えれば数万~数十万円の料金が発生することも少なくありません。
悪質な業者にあたってしまうと想像以上の料金が発生することもあります。
ですので、費用が掛かるのを避けたい場合は諦めた方が良いでしょう。

逆にメリットですが「手間の削減」と「速度」が大きなポイントです。
多くの業者は運び出しから行ってくれるので運搬の手間はまずありません。大きな家具や単身者でも安心して任せられます。
また、基本的に日時指定ができるので自分の都合に合わせて処分できます。
業者によっては早朝作業や夜間作業も対応してくれるので、仕事が忙しくても問題ありません。
即日対応してくれるところも多いので、急な転勤・引っ越しなどにも柔軟に対応してくれます。

まとめて出そう

不用品回収業者と言っても料金の内訳は処理費と人件費、車両費などです。
処理費に関しては物品毎に発生するので削減することは難しいですが出張費や車両費などは一度にまとめて捨てることで削減できます。
ですので、置き場所に困るサイズのものでない限りは最大限まとめてから申し込みをしたほうが費用を抑えることができます。
ご近所さんと共同で申し込んだり、ある程度不要なものが溜まってから検討しましょう。

また、積み込みを自分で行ったり、事前に分別をしておくことで安くなる場合もあります。
中にはアンケートや写真を撮ることで安くしてくれることもあります。
まずは複数社に見積もりをとって、それぞれ安くできるポイントを調べておきましょう。


新着情報

◆2015/01/26
不用品回収を利用しようの情報を更新しました。
◆2015/01/15
ちょっと特殊な利用法を新規投稿しました。
◆2015/01/15
回収ではなく持ち込んでみるを新規投稿しました。
◆2015/01/15
買取はできるかを新規投稿しました。
◆2015/01/15
不用品はどこに行くのかを新規投稿しました。