不用品はどこに行くのか

不用品回収業者に回収された不用品がどこにいくのか気になったことはありませんか?

最近は物が溢れていると感じる時代ですよね。次々に生まれる生活を快適にしてくれる商品や毎年のように買い替えを迫られる家電類など、本当に需要があるのか心配になるほど新しい物が出てきます。

新しい物を購入すると必要になるのが古い物の処分です。最近は物が多すぎることからも処分に費用が掛かるようになりました。処分にも責任を持てということですね。
そんなゴミの処分といえば不用品回収業者です。処分費用さえ払えばほぼ全てのゴミは回収してくれます。
しかしその回収された不用品は本当に正しく処分されているのでしょうか。

廃棄物運搬収集の許可

まず一番大切なことは不用品回収業者がちゃんと資格を持っているのか、ということです。ゴミなどの廃棄物の回収には廃棄物運搬収集の許可が必要で、これを持っていないと引き取りも運搬もできません。まともな業者であれば会社概要などに記載があるはずですので確認してみてください。
また買い取りを行っている場合は古物商許可証も必要です。こちらも記載があるか確認しましょう。

不法投棄

粗大ゴミの行方で問題になるのが不法投棄です。なぜ不法投棄は起きるのか?それには廃棄物処理の仕組みに問題があるからです。
ゴミを任せた後のことなのでゴミを捨てた人の責任感が薄いことや、処分前に処分費用を支払うことが原因といえます。
根絶するのは難しいですが、悪質な業者を避けるだけでも不法投棄の削減に繋がるので業者選びは慎重に行いましょう。

信頼できる業者選び

不法投棄に関わらないためにも業者選びは責任を持って行わなければなりません。許可証などの有無はもちろん、ウェブサイト上で処理方法を明記している業者を選びましょう。また極端な低価格を掲げている業者は危険です。処分費用は絶対に発生するはずですので買い取りや再販を併せて行っていない場合は気をつけましょう。